アクセス解析は訪問数を数える

例えばブログの経験をお持ちであれば、管理者である皆さんだけが個々に閲覧出来る、いわゆる「管理者のページ」の存在をご存知でしょう。
不特定多数の閲覧者には確認出来ない「アクセス解析」と綴られた画面には、時に数値で、あるいは時間別のグラフで示された、何らかの解析データのチェックが可能です。

そんな日々目に飛び込んで来る「アクセス解析」なる言葉ですが、皆さんはこれがどのような作業であり、私達に何を示しているのか、正しく理解されているでしょうか?もしかしたら「自分のブログを覗いてくれた人の人数」「数字が大きくなれば順位が上がって嬉しい」といったコメントが聴こえて来そうですが、確かにこれらは間違いでこそありませんが、アクセス解析の説明としては不十分です。

アクセス解析は確かに、そのサイトを訪問した件数をカウントする作業ですが、更に細かく掘り下げて行った場合、カウントした数値が「訪問者の人数」なのか「訪問された回数」なのかによって、自ずと数値が異なって当然です。
更に考えられる状況を挙げれば、1人の人間が手元の携帯もしくはスマホで一瞬でも複数回接続すれば、その回数分が訪問件数としてカウントされる為、これらの数値全てが配信内容を熟読していると限らないなど、非常に深い一面も有しています。

各社のアクセス解析サービスが示す数値が何を指し、何を伝えているのかを正しく読み取るには、単に数字の大小の比較のみならず、その陰に隠れている情報を察知する姿勢と知識が求められます。
アクセス解析を上手に活用すれば、インターネットを用いたビジネスの発展にも大きな効果が期待出来るなど、その重要性に注目が集まっています。



≪注目サイト≫
ビジネスの発展にも大きな効果が期待出来るGoogleアナリティクスのアクセス解析をさらにカスタマイズできるサービスです
Googleアナリティクス

Copyright © 2014 アクセス解析で状況を把握 All Rights Reserved.